~久しぶりのご対面!~ – 浜田 弥依 –

先月、デスクトップからノートへPCを買い替えました。

PCの買い替えとなると付き物なのがデータの引っ越しですが、PCを使い始めてなかなかの年月になるもんで、とにかく量がハンパじゃない。テラまではいかずとも、余裕のギガ単位。それらがPC内の一箇所に収まっていればいいけども、必ずしもそうとは限らず。

チラリと見てみると、中には古すぎて「これ以上取っておいても……」というものも少なくない。コロナ禍のおかげで自宅にいる時間が多くなっていることもあり、これはそういうタイミングだったのだろうと、思い切ってデータの断捨離を決行しました。

この「データ」には画像ファイルや文書ファイルだけでなく、ブラウザに登録しているブックマークも含まれています。PC歴が長けりゃネット歴も長い。「いつか何かのために」という愚かな思いのもと登録していたリンクが、それはもう膨大な数になっていました。

試しに古そうなリンクを2つ3つ開いてみたら、案の定のリンク切れ。一瞬気が遠くなりかけたものの、ここは腹を決めてブックマークの整理も開始。

それぞれのリンク先すべてを確認するのはさすがに愚の骨頂なので、大多数は登録されているタイトルだけで要・不要を判別していったのですが、その中に「Flickr」という表示が。

Flickrとは、20年近く前からあるアメリカの老舗写真共有サイトのこと。今では同様のwebサービスが増えているため全盛期は過ぎた感がありますが、それでも未だ現役で残っています。

実はわたしは結構な写真&カメラ好きで、一時期は出歩くときに必ずカメラを持ち歩いていたほどでした。ちょうどこのFlickrが盛り上がっていた頃です。それもデジカメではなく、中古や海外のフィルムカメラ。なかでも、当時カルト的な人気を博していたLOMO LC-Aというロシア製のカメラにどハマりしていました。

このLOMOについて語りだすととんでもないことになるので、興味がある方はこちらで紹介されているLOMOの歴史を覗いてみてください。

https://microsites.lomography.com/lca+/jp/history/

カメラを持ち歩けば当然写真を撮るわけで、わたしはこのFlickrをギャラリー代わりに利用していたのでした。いやあ、すっかり忘れてた。ブックマークに残っていたのは、Flickr上に作成した自分のアカウントのページだったのです。

https://www.flickr.com/photos/44520694@N05/with/4116337359/

都内や旅行先をほっつき歩きながら、大半はノーファインダーで撮影した写真たち。
約20年前を彩った空気感。

ちなみに画像が小さいのは、わざと解像度を低くしてあるからです。当時のネット環境は今ほど回線が良いわけではなかったので、重たいデータを読み込むのに時間がかかっていました。そのため、少しでも早く画像が表示されるように敢えてファイルサイズを抑えるようにしていたのです。

デジカメではないので、現像から上がってきた写真を一枚一枚スキャナーで読み込み、更に容量を編集していく…… とんでもない手間をかけていたことも思い出されました。

ちなみにLOMO LC-Aというカメラは、非常に個性的 ……というか、程よくポンコツで。周辺光量落ちはするし、ピントは甘いし、かと思えば時々思い出したようにビシッと合う。でもそれが写真に面白い味を加えてくれたのです。見たものを正確に写し取るというよりは、見るもののイメージを膨らませるような写真が楽しめるカメラだったので、気張らずユルユルと楽しんで使うのに向いていました。

優等生というよりは個性的な生徒、といったようなカメラでしたが、だからこそ毎日の楽しみとしてかばんに忍ばせることができていたのかもしれません。

こんなふうに、当時の作業風景や自分の視点などが一気にブワワと蘇ってきました。写真というのは、まるで意識上のタイムマシーンみたいですね。

……そんなことをニコニコと考えながら、実はまだまだ大量に残っているデータ移行の作業から逃避しているわたしなのでありました。いつ終わるのこれ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial