~久しぶりのご対面!~ – 馬場 奈津美 –

連日、こうも暑くなるのかと思い知らせれる日々ですね~(>_<)

子供の頃はクーラーをかけるときが特別な日であったような気がするのに、今ではクーラーの部屋から出るのが特別な時間になるくらい必需品となってしまいました。

そしてそして、コロナ様。

君のおかげで外に出かけることがなかなか難しくなり、家でどう過ごすかばかりを考える日々。

で結局、皆様行きつくところのお部屋のお片付けという名の断捨離。
ゴミ捨ての日になると出てる出てる色々なゴミたちが。
皆様お勤めご苦労様とゴミとなってしまって横たわっているものたちに心から労いの言葉をかけてみたりします。

さて、私がとりかかったのは写真たちです。
両親が保管していた写真たちを姉と二人で母立ち合いのもとで行っています。
写真というものは関係ないものにとってみては何の意味も持たない代物なので仕分けるのが簡単なのですが、少しでも関わりのある方や景色などがあるとなかなか捨てるという行為にいたらない。
何かそのものの存在を自分が否定してしまうような罪悪感に苛まれるかれでしょうか?
それでも頑張って、母の目を盗んで?仕分けてみたのですが、親戚や父の会社の方々の大きな結婚式の集合写真やツーショット写真はそのまま保管とあいなりました。
ホテルや結婚式場で撮影され、立派な表紙のついた台紙に貼られた写真。
父母には馴染みの人々が緊張した面持ちで写っている写真。
姉と私にとっては何度見返してもピンとこない・・・。
それはまるでドラマの小道具のようなよそよそしさがある代物。
ん!残しましょう!

会社の社員旅行の写真や誰かの新築祝い、何かの表彰式、何かの・・・集まり?
色々あります。はい。

さて、本題!
私の目当ての写真を発見!
それは私自身の赤ちゃんの時の写真♡

次女である私は第2子のあるあるで赤ちゃんの時のアルバムがつくられず写真も姉とは比べると少なく・・・。
要するに貴重な写真たちにお目にかかるのがこの断捨離の目的であったのでした。
母の弁護をするならば、生まれてすぐに斜頸であることがわかり手術とリハビリの日々を過ごしていたので写真やましてやアルバムを作っている時間がなかったわけです。
ちなみに斜頸は首が曲り,一定方向に運動が制限されている状態であることを言います。

生まれてすぐに首の周らない状態だったというトホホな感じです。

この久しぶりの赤ちゃん時代の私にご対面が出来、不思議でもあり嬉しくもあり♪

姉の嬉しそうに私を見つめてくれてる顔がさらに嬉しさを倍増させます。

時々こうして原点回帰ではありませんが赤ちゃんや子供の時の写真に対面するのも感慨深いものがあると実感しました。

そこから始まっているんだなと。

そこから今があるんだなと。

何かに対面するというのはあらためて振り返り、確認し、発見することでもあるような気がします。

さあ、次は何にご対面しようかしら?

しばらくご対面の旅が続くことになるでしょう♪

これもコロナ効果?ということでしょうかね~(*^-^*)

馬場 奈津美

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial