私の最近の“あったか”ニュース – 浜田 弥依 –

先日ちょっとしたご縁があって、生まれて初めて「手相」というものを観てもらいました。

手相についてはたいして詳しくなくて「感情線、頭脳戦、生命線、運命線、結婚線というものがあるよ」くらいの一般的な知識しかありません。だもんで、特に相談事ということもなく、いま出ている線を解説していただく、という感じで観ていただいたのです。

そしたら、まあビックリ。上に挙げた線以外にいろいろとあるのですねー。
基本の線のほかに、「これが出てるとこういう状態だよ」という意味合いのもので初めて聞く名前の線がゾロゾロと出てきました。

 

○金星帯
雰囲気がよく美的センスあり。異性にモテる。
→ もしわたしの知らないところでモテているのだとしたら、ぜひとも表立ったアピールをしてほしいように思う。ぜひとも。

○太陽線
「成功・人気・名誉名声・金運」など大きな幸運を司る線。
→ 誰にでもあるものではなく、むしろ太陽線がある人のほうが少ないのだそう。当たっていてほしい。

○財運線
お金は入ってくるけども、出ることも多い。
→ 出ることが多い、当たっている。とても当たっている。とても。

○神秘十字
目に見えないご先祖様や守護霊のご加護があると言われている線。
→ なにかあっても九死に一生を得たりするんですって。当たっていてほしい。そのまえに九死に一生な場面に出会わずに済みたい。

○二重知能線
これを持つ人は頭の良さも才能も人の2倍あると言われている線。
→ 当たっていてほしい。

○二重生命線
身体はもともと強くはないが、病気になっても治りやすかったり生かされる人。
→ 確かに幼い頃は小児喘息気味だったりして、かなり虚弱だったな。病院にしょっちゅう連れて行かれてた記憶が。

○陰徳線
人が見ていないところでも善い行いができる人が持つ線。
→ みんなが見ていなくても私は見ていますよ、と神様がつけてくれる線なんだそう。よーしジャンジャン徳を積んじゃうぞ。

 

他にも「向上線」や「旅行線」などなど。わたしの手に出ている線だけでも結構あるけど、他にもまだまだあるのかも。

ちなみに基本の線のところで気になったのは「感情線」でした。
わたしの感情線からは、以下のことが読み取れたそうです。

——
オープンマインド。
心を開いていて人を受け入れる。
来るもの拒まず去るもの追わず。

感情線が鎖状になっており、とても繊細な部分も持ち合わせる。
感情のコントロールは苦手。
思い込みで落ち込んでしまうことがあるので、家族や友人に相談すること
——

この「感情のコントロールが下手」「思い込みで落ち込んでしまう」というところで、ハッとするものがありまして。わたしは自己評価があまり高くなく、実はクヨクヨしがちで自分に自信をしっかり持てないところがあるんですけど、もしかしてここが「感情のコントロールが苦手」「思い込みで落ち込む」というところなのかな、と。

それを観てくださった方に伝えたら、「(手相見の結果)能力が高いので、もっと自信を持ってええんやで」と仰ってくださいました。

これが、ジワリと嬉しかった。

人に「自信を持ってええよ」と言われることって、大人になるとなかなか無いじゃないですか。何か壁にぶつかったら、爪に血を滲ませてでもひとりで壁をのぼっていかなきゃならなかったり。いや、もちろん最後には自分のそういう向き合いが必要だとは思っているんだけど、でもちょっと足場を作ってもらえるようなことが欲しい、みたいな。

「自信を持っていい」

ずっと、自分以外の誰かにこう言ってもらいたかったのかもしれません。この言葉で胸の内にあたたかいものがフワリと広がって、ああ、「頑張れよ」と下から支えてもらえたな、まだ自分は踏ん張れるな、という気持ちになれたのです。

占いには、こういう感じで自分の底力の燃料となるパワーがあるのかもしれないねー。燃料に火がついたら、悪い結果は良い方向へ、良い結果はさらに良い方向へ。いちど占ってもらったら、そこから先は自分の腕次第。当たった当たらないで一喜一憂しているだけじゃ勿体ないね。

ちなみにわたしの今年はあらゆる面でスタートに良く、逆に今年動かないと、今後の成長の進みがあまり良くなくなってしまうのだそう。よーし。実はすでに動いていることもあるけれど、2020年はまだ続くし、できることはどんどん始めていっちゃうぞ!みんな!応援よろしくな!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial