令和はどんな元号に?私の大胆予想!! - 浜田 弥依 編 –

令和に限らず
年金はきちんとくれたまえよ!(机をダンッ!)

おっと、初っ端から話が終わるところでした。
いきなりクライマックス。
いやでもこの問題は非常に深刻であるからして、核心はしっかり突いておきたかった。

元号が令和に代わって1ヶ月と少し経ちましたが、
その間にも目まぐるしくあんな事件やこんなニュースなど、様々、様々聞こえてきます。

本当は辛く悲しいことなどない時代になればよいのでしょうが、なかなかそうもいかないのがこの世の中というやつで。
時にはへこたれたりしながらも、たくましく生きていかなきゃなー、なんて思ったりします。

たくましく。たくましさ。
たくましさってなんでしょうね。
雄々しいこと?うーん、それなんとなく昭和的。
要領よく?んー、それはちょっと平成的。

どの時代でもないよりは絶対あったほうがいい「たくましさ」ですが、じゃあ令和的なたくましさって、一体どんな感じだろう。

わかりません。だって、令和まだ始まったばかりだもん。わかるわけないんです。なので、素直に願望を書きます。

優しさが、たくましさであれ。

どんな優しさだっていい、お互いのちょっとした譲り合いとか、助け合いとか、物言わずとも思いやる心だったり。
ほんのちょっと、いつもより少しだけ誰かに何かに優しさを持ったり、自分に向けられた優しさを受け入れたり。
そういうものの積み重ねが、それこそちょっとずつ、世間をしなやかに、折れにくくしていくんだと思うのです。
そういう、たくましさであってほしい。

そんなたくましさが、令和的だなーと言われる世の中になってほしい。

そうして、不要な悲しみが少しずつでもなくなっていけばいい。

昨今の胸が締め付けられるようなニュースを目にするたび、心からそう思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial