平成最後につぶやきたい~!! - 福地 きょうこ 編 –

しかし世間はどうしてこんなに騒ぐのかしら?と
ニュースをみて不思議に思います。

岐阜県関市にある「道の駅平成」
かなりの人で賑わっている様子をニュースでみた。
たまたま平成地区(へなりと読むらしい)が
平成の元号と同じ字だったので
便乗して道の駅を平成としたらしい。
なーんだ、もともとヘイセイじゃないんだ!

TVのインタビューを受けた人々は、
平成が終わるから記念に来ましたと答え、
平成とプリントされた食べられるシートが乗った蕎麦をたべ、
平成とただプリントされた名産品のキノコやお菓子を買い、
新元号を予想して応募用紙に書いて、
看板で記念撮影をして帰る。

私はそれをみて不思議でたまらない。
コメンテーターが「日本人は皆お祭り好きですからね〜」と
言ってたけれど、私にはそれもよく理解できない。
昭和から平成に移り変わる時も、
私は特別な思いを抱くことなく日常を過ごしていたし、
平成から新元号に変わるときも何ら変わらぬ一日を過ごすだろう。

平成が終わるからと言って特別な思いも、
特別言いたいこともない。
劇的な何かを求めず一日一日を平和に過ごせたら、
日々の中で思わず笑みが溢れる瞬間があるかどうか、
それが大切なことじゃないかなと、
最近私は思っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial