PART 2!? 私は今、こうして過ごしていま~す! – 中山 潤子 –

PART 2!? 私は今、こうして過ごしていま~す! – 中山 潤子 –

既に、巷でいろんな方が語っていらっしゃるかと思いますが…
今年は流行語大賞の候補が山のようにありますよね。
アベノマスク、ソーシャルディスタンス、密です、自粛警察、うちで踊ろうetc…

そんでもって、きっと今年の漢字は「病」か「染」とかになるのでしょうか。

世の中コロナ一色です。

ほんの一年前、世界中がこんな事態になることは全く想像出来なかったなぁ。

私は東京オリンピックの開会式は誰が出るかなんて、のほほんと考えていたような。
今思えばなんだかんだ平和だったのですね。
最近よく頭の中で虎舞竜の「ロード」が流れます。
「なんでもないようなことが幸せだったと思う〜」
汎用性が高い歌詞だわぁとしみじみ噛みしめる今日この頃です。

昨年末、月読みプチ忘年会の帰り道。
電車の中で「デブ化をここで食い止める」と心に誓う。
そして年明けから河原ウォーキング開始。
と言っても週1・2回、休みの日の早朝家族が寝ている隙にこそこそ早歩きするくらいなのですが…

幸い5〜6年前くらいに皇居ウォーキングをやっていた時の装備が一揃いあったおかげで、手軽に始められました。
そもそも川の近くに住んでいるのに、ジムに通うなんてお金がもったいない!
ただでさえデブ止まり活動に割ける、貴重な1人時間は限られているのに!!

(まあ元々、水辺が好きなので川の近くに引っ越したというのもありました。
でも大型台風の時はちょっと後悔しました…)

ウォーキングでスマホのアプリを使うと、歩数とか距離○kmとかリアルタイムで表示されるのすっごく良いですよね。やる気が出ます。
6km・7km…とだんだん増やしていって、あと数百mで10km!!とかになると、張り合いがあって頑張れるのです。
一応根はしつこい性格なのです。

ただし、河原を行く方々の主流はやっぱりランニングやサイクリング。
なるべく邪魔にならないように、道の端っこをマイペースに黙々と歩きます。

満員電車に揺られ、都会のコンクリートジャングル(死語)で働き、狭小アパートで家事をこなす日々。
でっかい荒川河川敷の、バーンと開けた場所で無心に歩き続けるのは気持ちが良いものでした。

学生時代は体育が大っっっっっっ嫌いで、大学生になって1番嬉しかった事が「体育からの解放」だった私が。
運動に喜びを感じる日が来るなんて…(涙を拭う)

あの頃の私、聞いて!
「適切な服装を整えて、人目を気にせず、自分の自由意志で行う運動は楽しいんだよ〜怖がらなくていいのよ〜」

そんな当たり前の事を実感するまで、ずいぶん遠回りしましたなぁ……私よ…

ともかく。
リフレッシュを兼ねた河原ウォーキングを、少しずつ楽しんでいたわけです。

と こ ろ が

コロナですよ。

ちょうど花粉シーズンとダブルパンチで、すっかり足が遠のいてしまいました。
ウォーキングをサボる口実を与えられ、デブ止まりどころか典型的なコロナ太り待ったなし!(号泣)

このように、3歩進んで4歩下がった2020年上半期。
6月現在、徐々に自粛解除されつつあります。

……クッ。ここから持ち直してやるんだ!
マスクしながらウォーキング再開するぞ!!

月読みメンバーに教えて貰った、お勧めストレッチやエクササイズ動画をお守りにリバウンド…じゃなかったリベンジするぞ!!!

と、ここで宣言して自分に喝を入れたい所存です。
燃えてきました。
この気持ちが継続するといいなっ ←不穏なフラグ

ゼスプリのキウイのCMの「ヘルシーは好きなことを楽しみながら」って良い言葉ですよね。
今年後半の心のスローガンにしよう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA