2020 私の妄想東京オリンピック!?この競技でメダルを目指します♪ – 茂川 みちる –

2020 私の妄想東京オリンピック!?この競技でメダルを目指します♪ – 茂川 みちる –

私のかつてのアダ名は「フェアリー」《真顔》

その昔、立派な(?)「妄想族」であったであろう私も

ここ数年は赤子を産み、
現実の荒波にも投げ出され
妄想ドコロか夢もみなくなってきた、
今日この頃でございます。。

これは大変!
感性が瀕死、イメージの泉がチョッビリ枯れ気味です

今回のお題、今の私にはなかなかにキビシイ。。

なので、ささやかなるオリンピックに関わる思い出と、
それにまつわる妄想を。。

私は高校でボート部に所属していました
実はボートのめっぽう強い高校で
全国大会は常連、先輩にはジュニアオリンピック選手もいました。

校風は定時制付きのヤンチャな高校の為
皆サン、元気いっぱい!駐車場は族車でいっぱい!!

少年マンガに出てくるような
竹刀を振り回す体育教師と、
ウソみたいに可愛い年齢不詳のブリッ子(死語)風味の
保険医先生がおりました。

そんなイカツイ学校なのに
例のボート部、担任のお二人は

何故か共に白衣を纏った理数系の先生。

今から24年前ながら
力学やら数値化やら、巧みな分析力を用いて、
多方面で分かりやすい伝え方で、
ヤンチャ校の運動部なのに
「オラつかない・脅さない・煽らない」スタイルの
諸先生方は大変素晴らしく、
密かに大変尊敬していました。
(それでも当時まだ思春期で
男性全般が嫌でたまらなかった私は、
ほぼ口を聞けなかったのですが)

大会は地元近辺の湖でも行われ
テレビ局も来て大騒ぎ☆★

Jr.オリンピックの先輩は
控えめで柔らかな物腰の穏やかな笑顔の女性で、
なんだか少し孤高な雰囲気が益々素敵なのでした☆

凄い人が普通に部活にいるのって
本当に不思議です

何食べてるんだろう、とか
何時間眠って、
部活以外のトレーニングどんな事してるんだろう?とか、

ホントは色々気になってたハズなんだけど、
課題や練習やトレーニングがあまりにキツすぎて、、
興味も思考も目前の事に集中するしかできず
なんだかキャーキャーする事さえできずに
普通に部活をこなしていた気がします。

オリンピック先輩以外の方々も
皆サン、かなり長身で、
引き締まった身体なのに骨格自体はガッチリ系、
肩幅や足や膝の感じが大きく、
長い長い手足は羨ましくてたまりませんでした☆☆☆

身長が160センチ足らずなのは、私のみ。
手足も手首も、肩幅も小さく、
頼りないフォルムの身体。
いくら頑張って食べても食べても
練習がハード過ぎて体重は減るばかり、、
筋トレも重量制限がかかってしまう。

私は少しでも彼女達のようになりたくて
腰まであったロングヘアーを
躊躇うことなくショートにし、
ともかく部活以外でも毎日沢山トレーニングして
真っ黒に日焼けしたのでした☆

先生の指示で「ダブルスカル」とゆう舟を担当する事になり
ベリーショートの「元気で人気者の女の子」と
コンビを組む事になったのですが、、

ともかく陰キャラで気の弱かった私は
「こんな私が一緒で彼女が可哀想。。
足を引っ張って申し訳ない、
あぁ本当は凄く嫌だろうな。。
せめて迷惑だけはかけてはいけない!」と、

本当にもう後ろ向きな理由のみで
必死で練習に励んだのでした。

残念ながら私が始終そんな調子で
彼女と仲良くはなれませんでしたが、
凸凹コンビながら大会ではそこそこの結果を残す事ができました。

恐ろしくマイナス思考からくる頑張りでしたが、
なんとか命がけで(と言いたくなる位には)全力で打ち込む事ができたのは、
明るく頑張り屋でチャーミングな彼女のおかげです(*^^*)

妄想ですが

もし私に恵まれた骨格と
あと8センチ程の身長があったなら、
もっとハードな筋トレにも対応でき、
バネもスタミナも記録も伸ばせて戦力になれたのに。

もう少し強気になって
一緒に頑張る力になりたかったなぁ!と。。

もっと高みを目指す楽しみや
目標ができたかもしれない。。
ちょっぴり妄想してみるのです。

なので私の妄想オリンピックは
ボートのダブルスカル☆

仲間ともっと対等に言葉を交わし励まし合い
例え「お友達」でなくとも
「信頼できる相棒」としてオリンピックで活躍を!!!

叶えられなかった夢の関係は、今
少しずつ時間をかけて
月読メンバーと叶えているような気がします(*^^*)

以上、茂川みちるでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA